ホーム >

【維新流 ハル】
『先週の振り返り・ドル円』 10/31(火)

こんにちはハルです

先週ドル円は日足でも確認できる
分かりやすい高値をトライしてきました。
若干その高値に届かなかったところは憎い演出でしたね。
今後この高値は重要になるので注目していきましょう!

では早速ですが
動画解説の方で詳しくお話します!!

PS
長男が鉄ちゃん(鉄道ファン)で
先日、本屋の鉄道コーナーに足を運び
思わず目にとまった本がありました。

九州で走っている観光列車「ななつ星」をデザインされた人の本です。
題名は「あと1%やってみよう」

仕事やデザインする心構えが具体的でとても参考になりました。
ちなみにデザイン力とは「整理・整頓」する力だそうです。
なるほどねって感じです。
さあ!早速
「安定した勝ち続けるトレーダー」になるため
トレードスタイルをデザインしていきましょう(^_-)-☆

 

 

 

(3)件のみんなのコメント

※名前の入力は任意です。ニックネームでもOK。

※メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスはコメント欄には表示されません

コメントを入力する:

この記事に寄せられたコメント一覧

  1. 斗夢 より:

    ハルさん、POシステムを使っての解説ありがとうございます。感謝です。
    此れからも色々教えてください。(^_^)

  2. tora より:

    ハルさん、ありがとうございました。イモリさん、元気かな?隠れファンでした。

  3. スロイス より:

    ハルさん、POツールの解説ありがとうございました!!

    上昇トレンドを示すPOの赤矢印が出たら必ずしもすぐ買うのでなく、押し目形成を待って押し目の右底(底が節目の水平ラインと重なる場合)か押し目の出口(高値更新の瞬間)に買いエントリするパターン、勉強になりました。

    ところで、赤矢印が出たらすぐ買っていい場合もありますでしょうか。場合分けの考え方を解説いただけるとうれしいです。

    また、トレンドとしては上昇でも一時的にトレーリングツールがスイングハイローでダウ継続を確認できない部分があった場合は、トレーリングツールがポジションを現状の決済ポイントで決済してしまうので、そういう場合には、チャンスのある限り何回でも押し目脱出のタイミングで再エントリすればよいと理解しました。値動きが20MAを押し目の底辺りで陽線にて下から上抜くとエントリという方法も(利幅を少し伸ばせますね)勉強になりました。