ホーム >

富とお金

2018/01/31(水)

[前編]委任のポイント:種類

こんにちは、石田です。

このメールマガジンを書いている
今現在、全国的に大雪です。

ニュースを見ていると
雪かき、雪下ろしをされていた方が

「例年よりも大変」
「いつもより振り方のペースが激しい」
と仰っていました。

確かに滅多に雪の降らない
同じ九州の「南国宮崎」でも降っているようなので
かなり強い寒波なのでしょう。

なぜかうちの地元は全く降らないのですが・・・。

さて、少し前だったと思うのですが

2018年のゴール達成をより確実なものとするために
「委任を意識すると良い」
という話をさせていただきましたが、、、

現在コーチング期間中でメールマガジンを読んだ方から
「取り組んでみたいが難しそう、コツが知りたい」
と相談されました。

実は私のオンラインコーチングセッションでは、委任初心者の方でも
「3つのポイントを順を追って抑えていけば、
 難しい案件でも比較的簡単に委任が成立する(自動的に)」
というお話をさせていただくセッションがあります。

なのでオンラインコーチングをお持ちの方は
そちらを確認していただくとして、、、
その内容については残念ながら
こちらのメールマガジンでは触れられないので

今日は少しアプローチを変えて、
「委任をするときに気をつけるべきポイント」
のうちから1つ取り上げておきたいと思います。

たった1つのテーマですが、
意外と長くなるので、前編と後編に分けてお話しします。

<委任案件の種類とそれぞれの概要>

まず、何か人に頼みたいことがあるときに、

“お金(金銭的な報酬)だけで成立する委任案件” と、
“お金(金銭的な報酬)だけでは成立しない委任案件”

さらには、

”ある特定の人物にしかお願いできない委任案件”

の3種類があることを知っておいてください。

お金だけで成立する委任案件のイメージとして代表的なものは
「基本的な知識さえあれば誰でもできる案件」です。

AさんでもBさんでもCさんでも大丈夫、
洗濯や掃除などを家政婦さんへ
報酬を払ってお願いするイメージです。

時給単価もさほど高くないので、今現在あなたが
「誰でも出来る事に時間を拘束されていて、その時間を使えば
 そこに発生する報酬よりも大きな価値を生み出せる状態」
にあれば、迷わず委任すべきです。

例えばこのような場面では簡単な応用となりますが、
トレーダーのあなたがトレードに集中するための時間が必要だとします。

仮に委任を行なって1時間作ったとしても、
マーケットは不確実ですからその1時間の間に必ず
利益を生み出すトレードチャンスをもたらすわけではありません。

しかし、

「1週間の間に何度かはチャンスがあり、
 時間拘束がなければ利益を残せている」

という事であれば、小さな時間単位で考えずに
1週間まるまる委任を行うことを前提に、

「報酬を支払ったとしても、
 時間拘束されている状態よりも大きな利益が残る」

のであればGOです。

次に、お金(金銭的な報酬)だけでは
成立しない委任案件についてですが、

こちらは「高度な技術、特殊な技術」が必要な場合が多く、
それが出来るだけのスキルがある人限定の委任となりますので
報酬も必然的に高額となります。

また、報酬が高額でもあなたがその時間を使って
さらなる価値を生み出せるのであれば委任可能なのか?
というと実はそうでもありません。

もちろん、報酬だけで解決する場合もありますが、
実はこの種類の委任案件の場合、報酬以外にも

・信頼関係構築
・目標の共有

が必要の場合が多いです。

イメージとしてはこんな感じです。

例えば、あなた自身もトレードで利益を上げている状態だが、
自分の価値観に沿った行動をするために時間が必要なので

「利益を上げまくる凄腕トレーダーを
 雇ってトレードを委任したい!」

と考えているとします。

でも、この委任はいくら高額の報酬を支払っても成立しません。

なぜなら・・・。

後編に続く

 

 

 

(3)件のみんなのコメント

※名前の入力は任意です。ニックネームでもOK。

※メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスはコメント欄には表示されません

コメントを入力する:

この記事に寄せられたコメント一覧

  1. 藤澤 より:

    こんばんは。この後も聞きたいですね。ありがとうございます。

  2. プレイバッハ より:

    委任はトレーダーとしての基盤ができてからで十分だと思います。

    トレーダーとしての基盤ができていないうちから委任するのは経済的富者のすることで、またそれをしたからといってトレーダーとしての成功確率が上がる保証はどこにもありません。

    委任とトレーダーとしての確立は全く別個の問題と考えます。

    50枚以上のトレーダーのステージでしょう。

  3. 大畠 裕子 より:

    石田先生こんにちは!
     いつも有意義なお話をありがとうございます。
     今日のお話は難しそうです。
     楽しみに続きを待って居ります。